◆新渡戸稲造会◆

[創設と活動目的]

新渡戸稲造会(会長内川頴一郎)は昭和59年1月28日、盛岡新渡戸会として発足し、平成4年9月1日の新渡戸稲造博士生誕130年を機に、名称を新渡戸稲造会と改め、今日に至っております。

新渡戸博士は日本で初めて農学博士号を授与され、また、教育者、国際人として名声を高め、日本の医療協同組合運動の創始者でもあります。そこで新渡戸稲造会は博士の精神を継承するため、農業・国際問題・教育・医療の4本の柱を基本に国際交流、シンポジウム等の事業に取り組んでおります。

概 要

団体名

新渡戸稲造会

代表者

会長 内川頴一郎

事務責任者

事務局長 藤井茂

所在地

郵便番号 020-0024
岩手県盛岡市菜園1-4-10 第2産業会館ビル6階 新渡戸センター内

連絡先


電話 019-654-3279 (月〜金 9:00-17:00)
FAX 019-652-4213

設立年月日

1984(昭和59)年1月28日

活動内容

会報発行(年4回)
毎年4月頃に総会並びに講演会開催
毎年10月15日に命日前夜祭を開催

 

平成4年 9月 1日 「新渡戸稲造研究」創刊号発行
9月 3日 新渡戸稲造博士生誕130年祭開催(於東京プレスセンター)
平成5年10月15日 新渡戸稲造博士没後60年祭
平成6年 3月22日 財団法人新渡戸基金設立
7月11日 日米学生セミナー開催
平成7年10月16日 岩手県日加協会創立記念命日祭
平成8年10月15日 命日前夜祭・講演会(講師/吉岡 裕氏)
平成9年 5月31日 「国際人・新渡戸稲造の世界を語る」シンポジウム
(於千歳全日空ホテル)
10月16日 命日祭・講演会(講師/吉岡 裕氏)
平成10年10月16日 命日祭・「バルト海"新渡戸裁定"記念行事」開催
平成11年 5月22日 後藤新平・新渡戸稲造を語るシンポジウム
(於台湾・台南市)
5月28日 平成11年度総会
 岩持静麻会長辞任、後任会長は小笠原一行氏へ
10月15日 後藤新平・新渡戸稲造を偲ぶ会開催
平成12年 4月 7日 米大統領来県を期す懇親パーティー
5月30日 平成12年度総会開催
7月26日 『武士道』発刊100年記念・"日米友好の集い"開催
平成13年4月27日 平成13年度総会
 10月15日 「新渡戸精神を語り継ぐ博士命日前夜祭」開催

年会費

普通会員1口  3,000円
学生会員1口  1,000円
団体会員1口  5,000円(2口以上を希望)
 (郵便振替・銀行振込)

入会方法

入会をご希望の方は、上記電話、FAXをご利用のうえご連絡ください。
資料等を送らせていただきます。
銀行振込をご希望の際はお申し出ください。

[郵便振替] (送金方法については、郵便局窓口へお問い合わせください)
口座番号

 02330−7−31257

加入者名  新渡戸稲造会
金額
個人会員 年会費一口 3,000円
学生会員 年会費一口 1,000円
法人会員 年会費一口 5,000円(2口以上希望)

(中途入会も同額・
次年度からのご入会をご希望の場合はお書き添えください) 

通信欄 「入会希望(平成○年度より)」
「(学生会員の場合)学校名・学年」
「(法人会員の場合)担当者名」
ご依頼人欄 郵便番号・住所・氏名・電話番号
 ※書ききれない場合は、通信欄へご記入ください。